2016年11月30日

 アジア市場向けインターネット投資事業「グローバルウェイ・ベンチャーズ」、法人向けクラウド型業務アプリケーション「Voxer(ボクサー)」、働く人のための情報プラットフォーム「キャリコネ」を展開する株式会社グローバルウェイ(本社:東京都港区、代表取締役社長:各務正人)は、この度、ASEAN市場におけるクラウドサービスの提供に向けた海外子会社をシンガポールに設立する予定である旨発表いたしました。本子会社に対するグローバルウェイの出資比率は56%となる予定です。

子会社の概要(予定)

会社名:
名称未決定
所在地:
シンガポール
代表者の役職・氏名:
CEO・Cho Zin Wint
事業内容:
クラウドサービスの開発・販売及びECサービスの提供
資本金:
シンガポール$501,655(約39,129,090円)(注)

(注)使用為替レート1シンガポール$=78円換算(2016年11月30日)

子会社を設立する目的

 2016年6月にグローバルウェイが発表したアジア市場向けインターネット投資事業「グローバルウェイ・ベンチャーズ」では、ミャンマー市場でインターネット企業及びクラウド企業への出資及び買収を計画しています。本子会社の設立は、下記を目的としています。

 ・ASEAN地域の法人向けクラウドサービスの提供

当社は、これまで日本市場においてSalesforce.com等のクラウド導入支援サービスを提供するとともに、クラウド型ソリューションを自社開発することによって業務用ソフトウェアに係る技術・ノウハウを蓄積してまいりました。本子会社に当社の技術・ノウハウを伝承することにより、先進的なサービスをASEAN諸国向けに提供する予定です。

 ・日本企業向けのラボ型オフショア開発サービスの提供

日本市場においては、クラウド型ソフトウェアの導入や開発に係る技術者は常時不足傾向にあります。当社は、優秀な人材が豊富であるミャンマーにて技術者を採用し、クラウド関連技術を教育することによって、日本市場向けにラボ型のオフショア開発サービスを提供する予定です。

 ・ミャンマー市場向けEコマースサービスの提供

名目GDPが2030年までに3倍以上に急成長すると予測されているミャンマーでは、5,000万人超の人口に対して携帯電話の普及率が2016年内にも100%に達すると言われています。(注)携帯電話の普及に合わせて、スマートフォンによる電子商取引に大きな商機が見込まれます。本子会社を通じてミャンマー市場向けにいち早くオンラインショッピングモールをリリースすることで、オンラインEC市場でのシェアNo.1を目指す予定です。

今後の展開

 本子会社は、CEOとしてCho Zin Wint氏を招聘する予定です。Cho氏は、シンガポールでのビジネス経験が豊富で、現在はMyanmar High Society Co.,Ltd.(住所:ミャンマー)のCEOでもあります。Myanmar High Society Co.,Ltd.は、CRM及びERP分野における業務用ウェブアプリケーション開発を得意とし、シンガポール及びミャンマーにて多くの実績を有しています。本子会社の設立に合わせて、Myanmar High Society Co.,Ltd.が保有するすべての資産・顧客をシンガポールに新設する合弁会社及びミャンマーにおいて新設する孫会社に移管する予定です。Myanmar High Society Co.,Ltd.社がこれまでに開発してきた業務用ソフトウェアに当社のノウハウを提供することで、ミャンマー市場及びシンガポール市場において、競争力の高いITサービスを提供できると考えています。


グローバルウェイについて

会社名:
株式会社グローバルウェイ
設立:
2004年10月
事業内容:
企業の口コミ、求人、ニュース等を扱う働く人のための情報プラットフォーム「キャリコネ」
法人向け業務アプリケーション導入コンサル・ソフトウェア設計・開発・サポートサービスを提供「Voxer」
アジアの起業家支援事業「グローバルウェイ・ベンチャーズ」
URL:
https://www.globalway.co.jp/

お問合せ先
株式会社グローバルウェイ 広報担当:室井
E-mail: gw-pr@globalway.co.jp